エナジードリンクでは疲労回復できない?

ここ数年、海外のブランドを中心にエナジードリンクの存在が目立つようになってきました。コンビニでも「レッ○ブル」や「モン○ターエ○ジー」などをよく見かけます。

エナジードリンクというと、栄養ドリンクと似ているように思いますが、実はこの2つはまったくの別物です。

カンフル剤のようなもの

栄養ドリンクには種類にもよりますが、疲労を回復する成分が含まれています。代表的なものでは「タウリン」です。タウリンは肝臓の働きをサポートする成分で、肝臓を助けることで疲労を促します。

一方、エナジードリンクには基本的には疲労を回復する成分は入っていません(もしかしたら疲労回復成分を含むものもあるかもしれません)。

エナジードリンクで中心となるのがカフェインです。カフェインは疲労を回復させるというよりも、残っているエネルギーを絞りだすような「カンフル剤」に近いものです。

エナジードリンクを飲むと元気が出るような気がしますが、それは一時的なもので、根本的に疲労を回復するものではありません。ですので、そのエナジードリンクの効果が切れた時に、ドッと疲れた出てしまう可能性があります。

場面に合わせて使い分け

「ここが踏ん張りどきで、ここを乗り越えれば一息つける」といったような、一時的に頑張らなければならないときには、エナジードリンクは効果があるかもしれませんが、ずっと疲れていて、疲労が蓄積している時は避けた方がいいかもしれません。そのような時は、やはり休息と栄養を取るのが一番です。しかし、もしそうも言ってられない時は、エナジードリンクよりも栄養ドリンクを飲んだ方がいいかもしれません。

エナジードリンクや栄養ドリンクにはそれぞれ特徴がありますので、場面に合わせて選ぶといいでしょう。ただ、やっぱり疲労回復には、十分な休息(睡眠)と栄養補給が一番です。