疲労が蓄積すると体臭がきつくなる場合がある

体臭には、加齢臭・ワキガ・ミドル脂臭などがありますが、疲れた時には「疲労臭」が発生すると言われています。

疲労臭とは

疲労臭とは体が疲れた時に発するツンとした臭いで、主な成分はアンモニアと言われています。

アンモニアは腸内細菌が排出したものが腸で再吸収されたり、筋肉が疲労した時などに発生します。血液中に取り込まれたアンモニアは通常は肝臓で解毒・分解されます。しかし、疲れがたまっていて発生するアンモニアの量が多かったり、疲れによって肝臓の機能が低下している時は、十分に分解されず、血液によって体中を巡ります。このアンモニアが汗や体液に混ざって体外に排出されることがあります。これが「疲労臭」の正体です。

女性に多い?

疲労臭は女性に多いと言われいます。なぜでしょうか?

実は女性はお化粧をしますが、このお化粧の成分がアンモニアと反応して臭いがキツくなるからだと言われています。また女性のほうが便秘になりやすいということも理由のひとつとして考えられます。

疲労臭の原因は?

疲労臭の原因は過度の疲労にありますが、細かく見ていくと次のような原因が考えられています。

  • 過労気味・・肉体疲労により代謝が低下しやすい
  • ストレスが多い・・精神的な疲労も代謝を低下させる
  • 肥満気味・・脂肪肝の場合、肝機能が低下している
  • お酒をよく飲む・・大量のアルコール分解により肝機能が低下する
  • 便秘がち・・宿便がアンモニアを発生させ血流に乗ってしまう

肝機能の低下と便秘によるアンモニアの発生が大きな原因となっています。

疲労臭の改善には

疲労臭を改善するにはなんといっても根本の原因である疲れを解消すること、生活習慣を見直すことが効果的です。また、適度な運動は血流を良くし、疲労物質の分解を助けます。ストレスにも効果があります。

疲労臭は身体からの警告のひとつと考えてもいいかもしれません。疲労臭がするなと思ったら、まずは今の生活を見なおしてみるといいかもしれませんね。